メルマガ一覧

保険募集人がいなくなった?

  • 2017/08/04
  • Dr.ウエノの保険コラム

最近、保険ショップの退店が相次いでいます。昔は「スクラップ&ビルド」でより良い場所に移転するための退店も多かったですが、最近は「スクラップ」のみが続いています。

その要因の一つに保険ショップスタッフ不足があります。
保険ショップが出来て10年余。スタート段階では経営と一緒になって如何に集客を増やすか等々を考え、一体感を持って取り組んで来ました。そこに、4年前くらいから改正保険業法対策が入って来ました。経営はこの体制整備に注力せざるを得なくなり、ここで店舗スタッフとの密な関係が薄らいでしまいました。しかも、体制整備にお金もかかることから中小零細保険代理店もインセンティブ的なものに手を出し、ここで、本当にお客様のためにより良い商品を提供したいと考えているスタッフと経営の関係が少し悪くなりましたという風に感じています。
こうした中、現場スタッフと経営との溝が生じ、現場スタッフが疲れたので辞めたいという事態になっているように思います。昔は求人広告を出せば、後任が見つかりましたが、最近は全く見つかりません。従って、現場を任せていたスタッフの退社と共に、保険ショップも閉鎖という悪い流れが続いているように思います。

訪問販売系の代理店も同様に、保険募集人が不足しています。
要因は「リーズ」の配給停止です。リーズは3月までは募集関連行為者がリーズを拾っていましたが、4月以降、買う代理店サイドのリスクも高いことから、多くの代理店がリーズから離れてしまいました。しかし、リーズをもとに成果を出していた募集人の方々にとっては命綱が切れたような状態となってしまい、多くの方々がリーズを自社開拓している代理店に流れたり、辞めて行ったりされているようです。50人規模の代理店さんが今では十数名とか在籍していないと言った話を最近良く耳にするようになりました。

「保険は人」です。
体制整備の中、スタッフ教育等が少し甘くなっているように思います。
夏はお盆休みもあり、訪問販売系の代理店さんとかでは少し時間も取れるかと思います。経営とスタッフが話し合える時間を取ってコミュニケーションをしっかり取ってみて下さい。
スタッフの悩み事や困り事を聞いてあげて下さい。なかなか経営に直接言えないという場合には、コンサルを頼んで吸い上げて下さい。変な勉強会をするくらいなら、スタッフとコンサルが一日意見交換する会でも作ってあげたら良いと思います。

スタッフの多くは想いをもって日々保険募集に携わっています。この想いを大切にしてあげないといけません。
想いがあって、それが人に繋がり、保険に繋がります。
個々の募集人の想いに寄り添う体制こそが肝要かと思います。


夏休みのイベント

  • 2017/08/04
  • ネクタイ派手夫の保険流通革命メルマガ

夏休みに突入し、商業施設にはお子様で賑わっていると思います。
この季節、商業施設はクーラーも効いていて格好の遊び場になりますね。
こうした「目的のない」子ども達を保険ショップのイベントで元気にしてあげましょう。

夏のイベントで過去やったことのあるものを幾つか紹介したいと思います。
「カブトムシ」プレゼントイベントは昔、地方で良くやりました。夜遅く、山の持ち主に事前に許可をいただいて山に入り、白い布を張って、ここにライトをあてると、色々な虫が寄って来ます。この中から、カブトムシをゲットし、翌日のイベントで「カブトムシと遊ぼうイベント」を開催していました。カブトムシなのでメインは男の子になります。
カブトムシを取りに行く手間はかかりますが、親も一緒になって昔を懐かしんで参加され、異様な盛り上がりとなります。都会では無理ですが、山が近い保険ショップでは一度トライされても良いかと思います。

あとは、風船釣りでしょうか。
これは普通に売っているので誰でもすぐに出来ます。
但し、「水の管理」が必要になりますで、商業施設と打ち合わせをして、十分に水漏れ対策をして開催下さい。水に浮いた風船を釣るという屋台っぽいイベントですので、男女問わず来店で盛り上がりますよ。

自分でイベント管理するのは面倒だという方は、業者さんに依頼されることをお勧めいたします。「ドクターフィッシュ」をご存知でしょうか。水槽に足を入れるとドクターフィッシュが寄って来て角質を食べてくれるという夏ならではのイベントになります。大型の水槽は保険ショップ前にはおけませんので、一階の催事会場を借りるとか外の駐車場を借りるとかして開催できます。水槽は一度に10名が入れる大きさのモノもあり多くの来店客を創出出来ます。しかも、角質を食べられて肌を触ったらツルツルするという感覚を得るためには10分ほどを要します。この10分間を活用して「保険クイズ」大会を開催すると、答えを間違えたお客様が、その後、保険ショップに相談に来られるという道筋を作ることが出来ました。

如何でしょうか。
夏のイベントは、日替わりでお金をかけずに、繰り返しやることに意義があります。行くところがなくて商業施設で時間潰しをしたいという方々をイベントで引き寄せ、楽しんでもらうことが大切です。
ここから確実に保険相談に繋がります。スタッフも童心に帰って子供たちと一緒に遊ぶことが大切です。

8月もまだまだ日があります。
お盆の時期は帰省され、久しぶりに地元商業施設を訪れる方も多いので、イベントで保険ショップの存在を知って貰うためにも、お盆は必ず「小イベント」を開催しましょう。
こうしたイベントを繰り返すことで保険ショップに人が途切れないのです。


ロープレ甲子園、今年も間もなく開催!

  • 2017/07/28
  • Dr.ウエノの保険コラム

毎年、夏の祭典として開催しています「ロープレ甲子園」の今年の開催が近づいて来ました。
回を重ねて今年で7回目となりました。

最近、保険ショップに「新人」が少なくなって、保険募集して1年未満の方を探すこと自体が難しくて、今年は「新人対象の甲子園」でなく、「ベテランメジャーリーグプロ選手によるオールスター戦」にしようかと企画していましたが、訪問販売系の代理店が所謂「リーズ」が4月から無くなったことで大量の募集人がいなくなるなどして保険代理店の運営が一挙に厳しくなった等の理由で複数の出場予定者から出場辞退が相次ぎました。

従って、今年のロープレ甲子園は一部、二部構成にして開催することといたしました。
【第一部】
◆通常のロープレ甲子園◆
 事前に出場者にはお客様情報を渡して、これをもとに意向把握をし、お客様に最も適する
と考える提案をしてもらいます。
 ≪出場者≫
 ① 斎藤憲一さん (株式会社ネクサス)
 ② 沖田久幸さん (株式会社SEIKO)
 ③ 伊藤大樹さん (株式会社ネクサス)

【第二部】
★ベテランメジャーリーグプロ選手による神様ロープレ★
 神様と呼ばれる募集人が登場して、1時間程度、完璧な顧客ロープレを披露していただき
ます。
 ≪出場者≫
 ① 岡野 翔 さん (株式会社つなぎ 代表取締役)

審査委員長は毎年恒例の結心会監事である一般社団法人日本ライフマイスター協会 理事長 人見輝也氏にお願いをしています。

一般の方で審査に参加してみたいという方、大募集中です。
また、観戦希望者募集中です。観戦は3000円頂戴しています。更に、お客様役としてロープレ甲子園に参加したいという方も募集しています。

第7回ロープレ甲子園の開催概要は次の通りです。
◆日程 2017年8月19日(金)13:00~17:00
◆場所 株式会社WALLOP放送局 3階スタジオ
    東京都墨田区業平4-16-6 (スカイツリーから徒歩5分)

大勢の皆様の参加をお待ちしています。

暑い8月19日に今年もしたいと思います!
ご協力お願い申し上げます。

保険ショップの多様性を如何に際立たせるか?

  • 2017/07/28
  • ネクタイ派手夫の保険流通革命メルマガ

保険ショップは「サービス業」です。
保険ショップで保険を販売するのではなく、もっと前の段階で、保険ショップを体感してもらうことが必要です。
そのためには、保険以外のアイテムを揃えています。

7月に開催された結心会定例会で、こうしたアイテムを幾つか紹介しました。
その一つが「家系図作り」。
明治になって150年。戸籍を遡ることで、家系図を作成することが出来ます。地方の地主の方や富裕者層に人気があり、お子様がお父さんへのプレゼントとして活用されているケースも多いとか。家系図を作ることで親族関係も全てわかりますので、資産形成系の紹介案件にも繋がりますよね。家系図を作る提案で喜んでいただき、フィーもいただき、親族の紹介までいただければ言う事ないと思われませんか。

「金の積み立て」も紹介しました。
月額1000円から始められるオンラインの純金積立サービスで、資産形成の一つに「金」の保有の提案は良いかと思っています。オンラインから口座開設が出来(当然、審査はあります)本人確認書類を提出すれば口座開設完了となります。取扱商品は純金・プラチナ・純銀の3種類。毎月1000円以上で購入金額を決めて購入する方法や、毎月1g以上の数量を決めて購入する方法があります。スポット取引も出来、1時間おきに更新される業者の小売価格をチェックしてお好きな時に購入、売却も出来ます。年会費は1200円で手数料も一律2.8%と分かりやすいですよね。個人のバランスシートをチェックする際に資産の分散として預貯金を純金にしておくことはお客様に提案し易いですよね。

最後に、「手洗い洗車FC」の紹介もしました。
大量の水を使用せず洗剤を活用して「出張洗車」をするFCを保険代理店にご提案いただきました。出張洗車をしていただくのは、障がい者の皆様となります。障がい者自立化を推進するために始められた事業で、洗車受注のFCに保険代理店をなることで、CSRを実現しようという提案でした。地元で頑張る保険代理店が社会貢献できるアイテムとしては事業性もあり良いと判断しました。障がい者支援をされている多くの企業から社有車の洗車依頼があるそうで受注には困らない感じがしています。洗車によって自動車に触れることで、車検証や自賠責保険証券のコピーをいただける可能性もありますよね。任意自動車保険の切り替えは時間がかかりますが、自賠責保険は手間いらず。

如何でしょうか。
こうした保険とは関係のないアイテムを多々揃えて保険ショップや保険代理店ではお客様に提案をしています。
保険に加入するまでに、保険ショップ、保険代理店を感じてもらうことを多様化の中に探してみませんか。


オンデマンド保険、ついに登場

  • 2017/07/21
  • Dr.ウエノの保険コラム

東京海上日動火災保険とワランティ社は、24時間単位で家電の故障などを補償する「オンデマンド保険」の開発・提供について業務提供したと発表しました。両社は三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、三井物産インシュアランス(東京都千代田区)と連携し、8月末のサービス開始を目指すそうです。
 
オンデマンド型保険「ワランティナウ」は、「必要なモノに必要な時間だけ保険をかけられる」という優れモノ保険!
ついに時代はここまで来たかという感覚を持っています。

例えば、「旅行にカメラを持っていく」場合などに数日間だけ保険をかければ、破損や水没した場合に費用負担なく修理してもらえるということになります。スマートフォンを使って手軽に素早く加入・解約できるのも特徴。保険料はデジタルカメラなどデジタル家電で24時間39円からというから凄いですよね。

順次対象を拡大させ、盗難・紛失を補償するサービスも追加する予定と報道されていました。契約者数はサービス開始後1年で10万人、2020年までに100万人を目指すとしていますが、既に「一日だけのワンデイ」の自動車保険やゴルファー保険も定着しつつありますので、告知次第では大きく伸びることが想定されると思います。

心配なのは、損害率だと思います。
ヒト保険や賠償責任保険でなく、モノ保険には、不良リスクが付きまといます。
古くなって新しくしたいと思っていたカメラに保険加入して、故意に壊すといった行為を如何にして防御するかがポイントだと思います。保険金支払いが大きくなれば、収支が合わないので折角の保険も引受が出来なくなってしまいます。
加入時の「モノ」の証明をスマホを使って如何に出来るか、また「事故性」を如何に立証するのか興味深いと思います。

しかし、こうして「欲しい時に欲しい保険に加入できる」こと自体は、素晴らしいことだと思います。本当の意味で、「保険」の価値を立証できることだと思います。

「最近の若い人」は、自動車に興味がないので自動車保険に加入することもなく、また実家住まいの方も多く火災保険も親が加入しているので縁がなく、ケガの保険も家内でゲームして一日過ごすという方も多く出歩かないので傷害保険も必要ないという損害保険会社からすると行き詰まりという状況にあります。
そうした若年者層に保険に関心を持って貰う対策が求められていますが、その突破口の一つになれば面白いと思います。この保険を通じて「趣味」が分かりますので、共通の趣味を持ったユーザーを集めてコミュニティを作ってあげるとか出来れば、特殊な保険ニーズが発見できるかもしれません。

オンデマンド保険、あと2ヶ月もしたら販売しているようですので、モノ保険に実際に加入してみたいと思います。